Case

case1

IoTデバイスの数量は今後爆発的に増大します。これとともに、IoTエッジ(端末機器)とクラウド間のネットワーク・トラフィックは、ネットワーク容量の増強にも係わらず、爆発することが懸念されています。この状況を緩和するためには、各エッジがインテリジェンスを持ち、エッジとクラウド間の通信を抑制することが必要になってきます。
当社の人工知能技術では、小型化、低消費電力化が可能なため、これらエッジへの推論機能を搭載することができます。

※1
IoTであらゆる“もの”がインターネット接続され、膨大なデータがクラウドにアップロード
➨通信トラフィックの爆発、センサモジュールの消費電力アップ、クラウド上にデータの塵の山が発生

エッジ(センサモジュール)内でのデータ一次解析によりアップロードするデータ量を大幅削減が可能
(当社技術で、エッジへの推論機能が搭載でき、本機能を実現)